私は自分の夢を追いかける為に、当時付き合っていた彼女に相当無理をさせていました。

アルバイトでの収入しかない私は、生活できるかできないかぐらいの切り詰めた生活を送ってました。

情けない話ですが、生活するのが本当に苦しくなってしまった時には彼女からお金を借りてました。

男が女からお金を借りるのはとても恥ずかしく、みっともなく事なのですが背に腹は変えられないので最初は必要最低額を借りてました。

当時、彼女と同棲を始めていました。

その彼女とは財布の管理などは別々にしていて、食事や家賃などは二人で折半していました。

なので、お互いがどれくらいお金を持っているかは分かりませんでした。同棲を始めてから半年が経った頃、趣味にお金を使ってしまい手元にほとんど無くなってしまいました。

働き始めた当初はクレジットカードのカードで支払うことに抵抗があり、クレジットカードのカードを作ることさえしませんでした。

ですが、仕事の関係上クレジットカードのカードを作らなければならない状況になりました。

カードを作りはしましたが、最初はあまり使うこともなかったのですが、ネット通販などで何かとクレジットカードでの支払いを求められ、とうとう使用することに抵抗がなくなりました。

私の20歳の時の話です。当時私は、プータローでした。

付き合っていた彼女がいたのですが、彼女はアパート暮らしをしていたため、ほぼ同棲状態でアパートに転がり込んでいました。

仕事をしていなかったため、いつも彼女からお金を借りていました。彼女は化粧品販売の仕事をしていて、それなりの収入があったと思います。

私には昔から夢があって、それは世界で活躍できる俳優になるということです。

だからこの狭い日本にいるより、もっと大きな視点で世界を駆け回りたいと思っていました。ハリウッド俳優になるためには、やはりアメリカで実績を積んだりするのが近道です。

そのためにいくらか貯めていたのですが思ったより貯まらなくて、けれど今どうしても行くタイミングだと思いました。

私は当時付き合っていた恋人にお金を借りました。

大学3年生の頃、アルバイト先で知り合ったフリーターの男性と付き合っていました。当時、私は苦学生で、アルバイトと奨学金で生活をやりくりしていました。

今思えばもっと割のいいアルバイトはあったのでしょうが、やりがいを感じるとても楽しい仕事だったので、ファーストフード店でアルバイトをしていました。

当時、私には看護師の彼女がいました。深夜の女子寮に忍び込んで、ほぼ毎日一緒に過ごしていました。

テレクラで出会った彼女、特に好きというわけでもなく嫌いでもない、まぁいつでもできる都合のいい女というわけです。

バイト暮しのボクにご飯は作ってくれるし遊びにいけばおごってくれる、こんな都合のいいことはありません。

アルバイトで生活していた時の話です。

アルバイト先が倒産したり、人間関係の問題で退職したり収入が不安定な時期がありました。その時はクレジットカードを使ったりして乗り切っていましたが、しばらくするとカード会社からキャッシングサービスが利用できます、という通知が届きました。

最初は躊躇しましたが利用することに。そのおかげでしばらくは何とか普通の生活が出来ました。

私がお金を借りた理由は、恋人と楽しく遊びたかったからです。私には二人の恋人がいました。

1人は10歳年上のファッションデザイナーです。もう一人は年下の看護師です。年上の彼女は非常に華やかで、お金が非常に必要でした。

夕食、ホテル、プレゼント、当然すべて自分持ちです。お金のかかる状況が続きました。そこで知り合ったのが看護師の彼女です。

こんにちは。今回はテーマに沿って、お金を借りた体験談についてお話させて頂けたらと思います。

それまで人からお金を借りた経験はあったのですが、本当に情けないような体験談についてお話させて下さい。

あれは、医療系の四年制大学を卒業して、就職して働いている頃の時でした。当時お付き合いさせて頂いていた大切な彼女がおりました。

生活費が足りない。急な出費で貯金ではどうしてもまかなえない!

自分の仕事の収入は決まっていて増やすことはできない。

臨時の単発バイトをしている時間もない。

そんな時、誰かお金を貸して!と思ってしまうものです。

身近な恋人からお金を借りるのも、本当に困っている時であればいいかも知れません。

しかし、お金の貸し借りができたことで、別の場面で弱みを握られているような気持ちになることも多いです。 気をつけましょうね。